【ヒモ生活】なるべく働かないで生きるには、飼われるのがおすすめな理由

なるべく働かなくていいなら、働きたくないというのがほとんどの人の心情ではないでしょうか。

「仕事たのしィ!」「残業最高ゥ!」なんて人はそもそもこのページ見てないですよね。

  • 会社員として週5で働くのはしんどい
  • 社会的ステータスはどうでもいい

そんな人は、ヒモ生活がおすすめです。下記より私の一日のスケジュールを見ていきましょう。

ヒモ生活の僕のスケジュール

7時20分 彼女と一緒に起床

8時 一緒に朝ごはんを食べた後、眠いので二度寝

9時半 今度こそ起床

12時 テキトーにゲームやSNSなど

14時 腹が減るのでなんか食べる、テキトーに作業

18時 彼女を出迎える

19時 テキトーにご飯、お風呂

23時 談笑しながら寝る

仕事と言える時間は2時間くらい?

だいたい14時くらいから、このブログを含めて適当な作業をしてます。

それが2時間くらい。それ以上は疲れるのでギブです。

でも1日2時間の作業でも月に3,4万くらいは稼げるので割といいかなと。家賃も特に払ってないですし。

彼女に追い出されるまではこんな感じのグータラ生活が続きそうです。

おすすめの副業⇒ 最短1ヶ月で動画編集スキルが身につく!【クリエイターズジャパン】

仕事したくないなら「徹底的に諦める」

僕が思うに、みんな中途半端に期待しすぎです。

週5で正社員として働くのも、ぶっちゃけ皆がそうしてるからじゃないですか?

「みんなと一緒なら生き延びられる可能性が上がる」って、その思考は縄文時代に置いといていいんですよ。危ない動物とかもいないし。

学校の延長線上というか。9割の人がそんな感じで日常生活を組み立ててるかと思います。

でも生き方は本来、もっと自由に選んでいいんですよね。法律で週5で働くことが義務化されてるわけでもない。

それなら、最小限だけ働いて、あとはグータラしてたほうがコスパいいかなと思います。

ただ普通の人は自分に期待しすぎているので、なかなか難しい。

「意外となんとかなる」と考える

なぜ難しいかというと、正社員の地位を手放すのは相当に勇気がいるからです。

せっかく頑張って勉強して大学入って、就職してってレールを順調に歩んでいたら、そりゃ降りるのも大変な「決断」が必要です。

でも一旦手放してこっち側に来てしまえば、案外なんとかなる、って思います(サバイバル思考になるというか、カンが働くようになる)。

生き方を自分でカスタマイズするのは頭を使うし、正直思考停止だとホームレスになってのたれ死ぬんだろうな〜とは思います。

そんな時は、素直に生活保護でも申請しましょう。ここでも「諦め」が肝心です。

どうしてもお金が足りなくなったら、単発の派遣で稼ぐ

ただ必要最小限とはいえ、出費がかさむことはあります。

そういった場合には、単発の派遣に入る⇒即日でお金を貰う申請をします。

これで数日後には1万円弱くらいのお金が振り込まれるし、今のところ困ってません。足りない分だけ稼ぐって感じです。

老後なんてない

「ライフシフト」の著者は、人生100年時代には人は75歳〜85歳まで働かないといけなくなると書いてます。

それって、ほぼ死ぬまで働きづめってことですよね。

僕はそんな囚人みたいな生活は嫌なので、テキトーに生きていく道を選びました。

テキトーと言っても臨機応変に生き方は変えます。もしかしたら3年後には普通に働いている可能性もありますが、それくらい自由度が高くないととても85年も働けませんから。

【結論】人生はもっと自由に生きていい

死ぬ瞬間の5つの後悔」では、

  • こんなに働くんじゃなかった
  • ありのままの自分を受け入れることが大事

ということが挙げられています。

死ぬ前になって自分自身に向き合ったとき、初めて生き方を振り返って後悔をすることになるんです。

思っていたのと違う生き方だったら、めちゃくちゃ後悔しそうですよね。死にきれません、、笑

なので、死ぬ前ではなくて今この瞬間から、自分の好きなように生きるのがベストです。

自由に生きられないと「思い込んでいる」

とはいえ、多くの人はまだまだ呪縛に縛られていると思います。

「自分は自由に生きられない」と思っていますか?たとえ家族がいたとしても、離婚して独り身に戻れば自由になりますよ。

そこまでではないにしても、すでに一人暮らしなら簡単です。まずは会社をやめて、それから考えることです。

「仕事は辞めてから」その後を考える

「なぜ先に会社を辞めるのか?」

「辞める前に計画を考えなくていいのか」

と思われる方もいるかもしれませんが、人間には変化を恐れるホメオスタシスという傾向があります。

つまり「頭でっかち」な状態ですね。まずは実際に辞めてみないと、その後のことなど懸命に考えることはできないです。

野垂れ死にそうになったら3択

勢いで辞めてその後どうするかは3択です。

  • とりあえず実家に帰る
  • 一人暮らしを続けながら小銭を稼ぐ
  • 彼女の家に居候する

「居候させてくれる彼女なんていねーよ!」という場合はつくりましょう。僕は下記出会い系アプリの掲示板で「今日泊めてください」からやり取りが始まりました。

意外とそんなもんです。

⇒ヒモ生活させてくれる彼女を見つけにいく

自分から動かないと一生変わらない

最後に一つだけ助言するとしたら、今すぐにでも「動け」ということです。

成功しているように見える人でも、実は水面下ではめっちゃ失敗を重ねてます。99回失敗しても、100回目で成功すればラッキー程度に考えると気楽ですよ

失敗を恐れず気軽にチャレンジしてみれば、ヒモ生活も難しくないです。

逆に「自分には絶対ムリだ」と考えると足がすくんでしまうため、絶対叶わなくなります。

私もイケメンではないですし、むしろヲタクでさえありますがヒモ生活できてます。

まずはフラットに「やってみるか」の精神でOKです。

登録さえしておけば、明日の自分が行動してくれるかもしれませんから。

逆に言うと、ここで登録すらしないと一生後悔する可能性もあるので、スルーすることだけはやめましょう。

僕もこのアプリで見つけました。なので大丈夫です。

⇒ヒモにしてくれる女の子が見つかる出会い系アプリはこちら

わくわくメール(R-18)

暇な女の子(10代〜20代多め)。Twitterのようにつぶやき機能があるので仲良くなりやすい

aocca(R-18)

即会いできる女の子を探すときに便利なマッチングアプリ。
気軽にお茶から始められます。メッセージがめんどくさく、とにかく会いたい人向け

マリッシュ(R-18)

30代前後の大人の女性が多いアプリ。年上いける!って人にはおすすめ。少し婚活寄り

働きたくない
ダメ男の彼女をフォローする
ダメ男のヒモ生活withメンヘラ彼女
タイトルとURLをコピーしました